Top of the Rock'n Roll Forever LIVE at 汐留BLUE MODE (DVD)

Top of the Rock'n Roll Forever LIVE at 汐留BLUE MODE
発売日:2017年1月15日(日)
品番:EEBM-6039
定価:4,320円(税込)

収録曲
01. たかめろ熱く!
02.恋のバイブ
03.東京クラフティー
04.ZAN ZAN ZAN
05.強く愛して
06.GO! GO! 銀座
07.別れ話はキッスの後で
08.三つ数えろ
09.くちびる2秒前
10.ハマヨコ
11.涙あふれて
12.ブランニューキャデラック
13.あの娘ING
14.ハートブレイク
15.東京クライマックス

2016年9月17日(土)東京・浜離宮(汐留)BLUE MOODで行われたディナーライブの模様が遂にDVD化!
50代最後にして、今尚最高潮の藤タカシをリアルに感じられるよう、修正や録り直し等一切ない、ありのままの高クヲリティーがここにある!
その歌声は正に「Top of the Rock'n Roll」の称号にふさわしい唯一無比の存在である。
2017年1月15日に還暦を迎える藤タカシ!
まだまだ現役で走り続けるその痕は、Rock'n Rollに永遠の爪痕となっている!

★通販特典★
当通販でDVDをご購入頂いた方に先着で、藤タカシ直筆!人生の「ONE WORD」をプレゼント!
還暦を迎えるにあたり、より一層人生に深みが増した藤タカシが、一人一人のために直筆で贈る人生の「ONE WORD」をプレゼント!
(通販特典はなくなり次第、予告なく終了致します。お早めにお申し込み下さい)
※この商品は、初回年内先行発送致します。(発売日2017年1月15日)

※到着日時の指定は出来ません。

https://youtu.be/dNW2aDrEq1Y


藤タカシによる収録曲のコメント(随時、追加)

◆三つ数えろ
独自のスタイル、個性的、Mサウンド、映画みたいな男と女、シリーズのトップ曲三つ数えろ!
ギャングスーツにバラが似合う男をイメージした曲、もっとも藤タカシらしい初期の作品、作曲も藤タカシでした。


◆くちびる2秒前
藤タカシのソロシンガーとしての代表曲。
当時はM-BANDの曲と比較されて、色々あったけど、今はすべてのソウルメイトがノッてくれる曲になったよ。


◆ハマヨコ
M-BAND時代、自分が作った曲としては、多分トップクラスの想い出の作品。
皆様からもライブで歌うと一番拍手が多い曲。
毎回、いつ唄ってもムードにしたれます。
今回のメンバーのアレンジ、演奏力も最高!!


◆あの娘ING
ここ10年間のM-BANDの楽曲で一番ダウンロードの回数が多いのがこの曲。
ダンサブルで良い曲だよね。
60才になっても、70才になっても腰フリフリ唄ってる。


◆ハートブレイク
M-BANDとして82年にデビューした時の作品。デビュー曲です。
哀愁にパンチとブレイクの入った曲!
これをコンセプトに作った曲、そして、ベイビーベイビーベイビー!
藤タカシのヒーカップ唱法!
スーツで今までにないロックンロールをするバンド。
あのマイクスタンドの使い方は、今もバッチリだね(笑)


◆涙あふれて
M-BAND時代の代表曲のひとつ。
カラオケでも一番歌ってくれる曲だと思う。
俺は一時期嫌いで歌わなかった(笑)
今はあらたな気持ちで名曲だなと思って、また唄っています。
今回のメンバーのアレンジ、演奏フレーズすごく良いね。
今までにない涙あふれてになりました。


◆ブランニューキャデラック
カッコいいよな!これがロックンロールだよ!
トップオブザロックンロール!
日本詞は藤タカシ
単純な詞だけど好きな方達多いよ!
メンバーのノリも良いし、これがロックンロールショー!
昨日の事などとっくに忘れたぜ!
明日の事などなんにもわからない!
そうさ今この時、熱く熱くなれ!


◆GO!GO!銀座
モダンなこの街の世界、好きだな。
昔から唄ってみたかった銀座をテーマにした曲を。
銀座の歌はたくさんあるけど、このスタイルサウンドが当時俺たちがイメージした銀座の街だった!
カッコいいぜ!!

◆ZAN ZAN ZAN
M-BANDを辞めて、役者として又この世界に戻り、シンガーとして再出発した時の思い出深い曲。
やさぐれのままでいられたら、今までの俺をザンザンザン、激しい雨で全てを洗い流して再生させてくれ!
そんな想いの曲でした。
そして、岩城滉一さんとの出逢いと、Vシネマやドラマの主題歌にもなった曲。


◆別れ話はキッスの後で
なんていきなタイトルなんだどう。
M-BANDのデビューアルバムのコンセプトの一つ、映画みたいな男と女シリーズの一つの作品。
この曲も、ダンスホールが似合うよね。


◆強く愛して
20代の若さで、こんな不快内容の歌を唄わせて頂いた事に、今更驚いています。
このメロディーラインも、ヨーロッパやボサノバにも通じる独特な哀愁を感じますよね。
今回のDVDに新たに録音したこの曲をエンディングに使いました。


◆東京クライマックス
このタイトル良いよね。
40歳になって自分が歌うことによって、少しでも皆のモチベーションや気持ちが上がる様になったらいいなと思って作った曲です。
イントロのリフフレーズも良いし、この曲によってソウルメイト達とのつながりをより多く感じられた曲です。
今回のDVD作品のラストナンバーです。


◆たしかめろ熱く
この曲好きだな!歌っていて気持ち良いし、情熱がみなぎってくる。
作詞・作曲 藤タカシ、食の作品なんだけど色褪せない。
M-BAND時代、ステージで歌っていながら初めて泣いた曲。
今回は、また新しいアレンジでイントロがショーのはじまりって感じだね。


◆恋のバイブ
Mの初期の作品。エルヴィススタイルを自分なりに表現した、しかも日本語を乗っけてこのビートで唄える、
こんな感じでビートに乗っけるシンガーが藤タカシだろうな(笑)
サウンドも最高!ドラム、ベースのリズムが良いね。


◆東京グラフィティー
ミラーボールのよく似合う、昭和のダンスホールをイメージして、正しく、裏通りのバーカウンターが見えてくる歌。
これはひとつのM-BANDスタイル。
そして、藤タカシのスタイルだよ。

¥ 4,320

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料1,000円が掛かります。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。